三陽商会を襲ったバーバリーショック

英国の優良品名「Burberry(バーバリー)」を取り扱っていた三陽商会。

ただし2015年齢6月に三陽商会はバーバリーの製作・売買ライセンスを失いました。以上、三陽商会の販売は低迷し、2016年度の1月~6月期のセールス手当ては赤字になるとのことです。加えて250人の熱望辞職を募るとして、苦しいかじ取り状況が悪化しているようです。
 去年同期の稼ぎとセールス手当てを比較してみても、稼ぎは2015年齢553億円に関して2016年齢335億円(1月~6月期)、セールス手当ては2015年齢77億円の多目において2016年齢55億円の損害(同期)となっており、バーバリーの抜けた盲点のがたいを物語ってある。

 こういう三陽商会の流れをみていると、「品名」の力を実感します。

 三陽商会はバーバリーだけを取り扱っているわけではありません。もともとはレインコートのメーカーでしたし、社内品名も製作・販売しています。バーバリーの跡継ぎ品名として「Mac・ロンドン」を展開してある。
 そういう総合アパレルメーカーですのに、バーバリーのライセンスを失っただけで巨額の欠損を計上してしまいました。
 全国におけるバーバリーの品名出力は相当なものだ。同じドラフトであってもバーバリーのロゴがあるだけで、その品の高級感がはんぱなく高まります。
 こういったことはなにもバーバリーだけでしょう。Louis VuittonやPRADAの財布を愛用しているというだけで、飼い主には非常に大きな格式が与えられます。どれだけ秀逸な財布を持っていたとしても、ノーブランドや隙間メーカーのものであれば、大した格式は得られないでしょう。

 バーバリーは有するだけで、その飼い主に「優越直感」をもたらしていただける品名でもあると思います。それだけの役割がバーバリーには生じるについてでしょう。それだけの注力をもちまして品を作っているのだと思います。

 1つの会社の成果を左右するほどの品。あんな品名力を有する物質を生みだす出力。これからの日本に求められている座右の銘ではないかと思います。

 デフレの時が長かったからか、品の「安さ」が重要視されている風潮があるように感じます。故に「安くて喜ばしいタイプ」が求められ、メーカーもそういった世の流れを受けた品を開発しているかと思います。
 それは会社対策として規則正しいタイプでしょう。「総計」は者が最も理解しやすい魅力であるからだ。「クォリティ」は利用してみないとわからない魅力ですから、者に認めてもらうには、製作に関する注力だけでなく、セールス実態での多大な注力も要されます。
 故にメーカーは安易に「総計」でチャレンジしようとします。新興国メーカーがよくやるやり方ですが、それだと「腕前出力」の改革は見込めません。チープを維持しようとすれば、製作対価を落とさなければなりませんから、厳しい腕前出力が求められる品を作れないからです。

 バーバリーは安価な品の製作ではなく、高クオリティーな品の提供に従事していたが故に「厳しい品名出力」をもちまして、日本の者に愛されてきました。その品名力を失った三陽商会の成果は悪化しました。
 ただしそれは一時的なものであると思います。バーバリーの品を製作・販売していた戦法は三陽商会に蓄積されているわけですから、あとはバーバリーに代わる新しい品名を自らの手で作り上げて出向くだけです。
 巷では三陽商会が倒産するのでは?などと言われていますが、三陽商会が「バーバリーブランドによるだけ」の会社でないかぎり、リバイバルの芽は十分にあると思います。

 品名は一朝一夕で見込めるものではありません。長年にわたって培われた戦法や腕前出力、及びセールス注力にて成立するものであると思います。

 そうした腕前や品を、根気よく定めるGET性。これに主眼をおいたかじ取りというものを日本企業に考えてほしいと思った今。

 「物質製造全国」を体現するようなメーカーが一層とりどり現れてほしいだ。iPhone7を予約する時に役に立つウェブサイト